夜行バス内での正しい過ごし方を知ろう!

夜行バスを利用する時のマナーって?

夜行バスで快適に気持ちよく移動をするためには、周りの乗客に迷惑をかけないようにマナーを守ることが大切です。移動中のマナーとして覚えておきたいのが、音や光に注意をすることです。夜行バスに乗る時、スマートフォンやゲームを楽しみながら移動したいと考える人もいるでしょう。消灯時間になるまでは、使っていても問題がありませんが、消灯時間になり車内が真っ暗で静かな状態になると、光や音は周りの乗客への迷惑となります。スマートフォンの場合、画面の光が目立つだけでなく、マナーモードにしていても着信があればその振動が周りに伝わります。ヘッドホンやイヤホンで音楽を聴く場合、音量によっては周りに迷惑になることがあるので、注意が必要です。

リクライニングや飲食も注意が必要

夜行バスに乗る時には、リクライニングを活用したいと考える人も多いでしょう。しかし、いきなり倒すと後ろの座席の人に迷惑をかけてしまうことになります。そのため、座席を倒す前には後ろの人に一声かけておくことがおすすめです。そして、フルリクライニングにするなど、倒しすぎないようにすることも大切です。
移動中に食事をしたいと考える場合は、食べ物や飲み物の匂いに注意をしておく必要があります。比較的匂いが少ない、パンやおにぎり程度であれば、車内で食べても問題がないでしょう。しかし、カレーやラーメンなど、匂いの強い食べ物は他の乗客の迷惑となります。そのため、食事をしたいのであればその内容に気をつけておく方が良いでしょう。